前へ
次へ

弁護士ならきっと力になってくれます

法律の問題が出てきた時には弁護士の力を借りてください。
警察官も立派な仕事ですが、決して法律の専門家ではありませんので、時として法的な解釈が間違っている事があります。
その間違いを正すのも弁護士の仕事といえるので、法律の事なら弁護士を頼るのが正解です。
弁護士でしたら警察官を相手にしても、立派にその勤めを果たしてくれるはずです。
日本の場合はなぜか弁護士に相談するのが敷居が高いイメージがありますが、決してそういう事はありません。
相談したい事があれば気軽に相談をしてよいのです。
相談したい時には電話をして予約しておくのがベストですが、飛び込みで行っても弁護士の方が事務所に居るのであれば、たいてい親切に話しを聞いてくれるでしょう。
弁護士は民間人を救済する使命を帯びた職業です。
相手がどんな大きな組織であったとしても、弁護人のためなら守り戦ってくれる存在なので、必要な時には素直に相談するようにしてください。

Page Top