前へ
次へ

双方が赤信号で右折可能時の衝突での過失

車道の信号機にはメインの信号の他に別のサインが表示されるものがあります。
信号機のすぐ下に付いていて、上を指す矢印と右を差す矢印が表示されます。
上はもちろん上に行くことを示すのではなく直進可能出ることを示します。
そして右の矢印は右折可能であることを示しています。
なぜ矢印のサインがあるかですが、交通量が多い道路の交差点でスムーズに直進車と左折車を走行させるためでしょう。
矢印のサインが無いといつまでも右折車が右折できず右折したい車の行列ができます。
赤信号でありながら右折可能にすることで直進車を停止させ、その間に右折ができるようになっています。
右折車としては矢印のサインに従って右折をしますが赤信号であるにも関わらず直進して車があり衝突するときがあります。
矢印が無い信号だと双方赤信号でのトラブルとなりそうですが、右に矢印が出ているときは右折可能なので右折車の過失はほとんどありません。
0割かあっても1割ぐらいでしょう。

Page Top