前へ
次へ

法律家は身の下相談にも応えてくれます

法律事務所には、弁護士や司法書士が籍をおきます。
また、依頼者の半分がこうした公認会計士、税理士、保険のプランナーなどから紹介されて、という内容で訪れるようです。
また、大半は法律相談止まりなのだそうで、弁護士は資格ビジネスです。
なので頼って法律相談に来る人を蔑ろにはできないため、一度は無料にて話を聞いてくれるサービス業も行ってくれます。
だからアドバイスをし、それでも解決しなければ再び相談するように説明してくれます。
国内業務を行う法律事務所では、大抵は、裁判書類や契約書を司法書士が作成、電話やメールで法律相談、裁判に弁護士が出席する内容です。
時に、弁護士業務には企業顧問のお偉い方からの相談もあり、必然的に身の下相談にも応えているようです。
実際、羽振りの良いオーナーなら、夜の世界で働く女性に良い顔を見せたいもので、法律関係の悩み事を任されることもあるようです。
男性絡み、金銭問題、お酒でのいざこざ、女性の泣き顔を見ないためにも助け船を出してくれます。

Page Top