前へ
次へ

直進車と右折車のトラブルの過失割合

一方通行でない交差点に信号があるときは、自分が直進する信号が青なら対向車が直進してくる信号も青でしょう。
互いに交差点を直進する分にはトラブルは発生しません。
また一方が直進して一方が左折をするときも車同士が接することはありません。
しかし一方が右折するときは注意が必要です。
互いに青なので走行はできるものの優先は直進車になっています。
信号によっては矢印が示されるものがありそれによりどちらが優先かを示すときもありますが、無ければ直進車があるときは右折車は交差点前で止って待つ必要があります。
直進者が来るのに右折すれば衝突する可能性が高くなります。
もし直進車と右折車同士が衝突した時は過失割合は右折車の方の過失が8割で直進車が2割が基本です。
あくまでも基本なのでその時の状況もあるのでしょうが、気を付けた方がいいでしょう。
直進車は優先されると言っても実際にトラブルになると自分にも一定の過失があるので、スピードを緩めて様子を見ると良いかも知れません。

Page Top